スポンサーサイト

0
    • 2012.08.12 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ホームページ作成料金 LTEパケット料金で低価格競争と距離を置いたソフトバンクの深慮遠謀

    0
        ドコモが仕掛けた価格競争に応戦せず孫正義社長にブーイングの嵐

       ソフトバンク <9984> は今年4月2日、ソフトバンクモバイルのLTE方式の次世代高速データ通信サービスを秋以降に開始し、スマートフォン向けのパケット定額サービスを月額5985円で提供すると発表した。後に、LTE方式は今年10月に始まることが決まっている。

       毎秒最大110メガビット前後と高速・大容量が売り物のLTE方式は、NTTドコモ <9437> が「Xi(クロッシィ)」のサービスで先行し、7月末時点で契約数は350万を突破しているという。「au」のKDDI <9433> はLTEサービスの開始を当初予定の12月から秋に繰り上げるとアナウンスしている。ドコモは7月27日、10月からパケット定額月額4935円の格安プラン「Xiパケ・ホーダイライト」を提供すると発表した。それはソフトバンクの値下げ攻勢に先手を打つためだとみられていた。

       ところが、そのソフトバンクの孫正義社長は7月31日の記者会見でパケット定額料金について、「月額5985円」の予定に変わりはないと強調した。「4830円か?」「いや、4725円だ」など、ドコモの料金をもとにソフトバンクの値下げ後の料金を推測しあっては期待をふくらませていたユーザーや業界スズメたちは、孫社長が繰り返す「5985円」の金額に耳を疑った。

       ソフトバンクは旧ボーダーフォンを2006年に買収してモバイル参入を果たして以来、価格破壊旋風を巻き起こしてきた。他社が値下げすればもっと安い料金で対抗し、ユーザーを増やしてきた。ボーダーフォン時代はシェア約16%で一人負け状態だったが、現在は21.8%までシェアを伸ばし、auの26.4%に肉薄している(総務省発表/3月末現在)。そのように価格破壊を武器に日本のモバイル市場を変えた孫社長が、こともあろうにドコモから仕掛けられた価格競争に応戦しないで、矛を収めたのである。会見で「販売促進のためキャンペーンを行うことはあり得る」と言い訳しても、ネット上ではユーザーからブーイングの嵐が巻き起こり、裏切り者扱いされたのは言うまでもない。だが、LTE、スマホ、パケット料金といった最前線から遠く退いて、ガラパゴスケータイ、通称ガラケーでもっぱら通話をするだけというユーザーにとっても、ソフトバンクモバイルの料金は他社と比較して、決して安くはないという実態がある。


       通話料について言えば価格破壊者はソフトバンクではなくてau

       ソフトバンクが価格破壊の主力兵器としたのが基本料金の「ホワイトプラン(月額980円)」だが、午後9時〜午前1時を除いて無料なのは相手もソフトバンクの機種の時だけ。相手が他社、たとえばドコモなら30秒21円になる。ソフトバンクモバイルは他社への通話が多いユーザー向けに、基本料が2倍の1960円になる代わりに通話料金が30秒10.5円と半額になる「Wホワイト」を推奨していて、1ヵ月に50分通話した場合はホワイトプランは3080円、Wホワイトは3011円になると、ホームページ上で説明している。

       さて、auからドコモに同じく1ヵ月に50分通話した場合は、通話料金は30秒21円で全く同じである。基本料金「プランSSシンプル(月額1961円)」は「誰でも割」を使うことで980円になり、ホワイトプランと同額になる。しかも1050円(25分相当)の無料通話分が差し引かれるので全部で2040円ですみ、Wホワイトよりも971円安い。学生がソフトバンクの「ホワイト学割with家族」を使ったとしても、auのほうがまだ481円も安くなる。

       逆にドコモからauに、1ヵ月に50分通話した場合はどうか。通話料金は30秒21円でソフトバンク、auと全く同じ。基本料金「タイプSSバリュー(月額1957円)」は「新いちねん割引」と「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」を併用することで980円になり、これまたホワイトプランと同額になる。しかも1050円(25分相当)の無料通話分が差し引かれるので全部で2040円と、auと全く同額で、ソフトバンクよりも安い。

       通話時間を100分に変えて計算すると、ソフトバンクのWホワイトは4061円、au、ドコモは4140円になって逆転するが、3社とも無料通話分がついた別の基本料金プランがある。それを利用するとソフトバンクは「ブループラン・Sプランバリュー」と「自分割引50」または「家族割引MAX50」を併用して3150円、au(プランSシンプル)は2887円、ドコモ(タイプSバリュー)は3255円で、ソフトバンクはドコモよりも安いが、auのほうがもっと安い。

       3社とも無料通話付き料金プランを何種類も用意しているが、auは他社に比べると各プランの無料通話分は同じでも通話料は他社より安く設定されているので、月に何百時間かけようともソフトバンクはauに追いつけず、「最安」にはならない。ということで、「価格破壊者」と言うなら、それはソフトバンクではなくてauだろう。


       音声通話は「刺身のつま」にパケット料金でしか稼げない未来

       15年前なら、auはそんな通話料の価格破壊を武器にモバイル(当時は携帯電話)市場をリードする存在になれたかもしれない。だが今は状況が全く異なる。1876年にグラハム・ベルが電話を発明して以来、130年以上続いてきた「電話=音声通話」という領域が、データ通信に吸収される寸前まできている。スマートフォンがそうであるように、携帯電話はもはや電話ではなく情報端末で、「ついでに電話もかけられます」という装置になっている。今でこそモバイルの音声電話はデータ通信とは別システム、原則別料金だが、やがてデータ通信経由で電話をかける機能が一般的になれば、たとえば「Skype」がそうであるように、「音声通話用ソフト」を起動させ、電話番号を押して付属のマイク、スピーカーで通話するようになる。それはデータ通信のメインサービスに添えられた「刺身のつま」のようなものだ。

       現行の音声電話はそれに取って代わられて、やがて廃止される日が来る。かつてレコード会社がレコードを発売しなくなったように、電話会社が電話のサービスを廃止するのだ。そうなれば通話料もなくなり、パケット料金に一本化されるだろう。通話料が高い、安いという比較は、意味をなさなくなる。通話しかしないガラケーユーザーは、音声通話ソフトしか使わない(使えない?)スマホユーザーに変貌し、通話料の代わりにパケット料金を支払うことになる。それとは対極にある「スマホでメールばかりして電話をかけなくなった。無料通話分がもったいない」と嘆いているユーザーは、パケット料金に一本化される未来をある意味、先取りしている。

       さて、通話料が廃止されたら、ソフトバンクもドコモもauも、収入源はほぼパケット料金に限られるようになり、経営の命綱になる。それを他社と競いあって価格破壊するのは、果たして得策だろうか。たとえ競争に勝ったとしても、利益を十分確保できず、通信をさらに高度化するための設備投資が思うようにいかず、自分で自分の首を絞めることにならないだろうか。

       通信料の安売り競争で企業体力を消耗するよりもむしろ、ユーザーがLTEの高速データ通信で動画や音声を大量に送受信することで、定額制の月間容量の上限を超えて使ってもらったほうがいい。ソフトバンクの場合は上限は7GBで、申し込めば2GBごとに2625円で追加できる予定だ。多額のコストをかけてシェア0.1%を奪いあう競争より、ソーシャルゲームや動画配信のようなコンテンツの魅力で、「ユーザーに大量のデータをいかに多く送受信させるか」で競ったほうが、実入りはずっと大きくなるはずだ。モバイルは、シェアを奪いあう時代が終わり、データ量という形で売上を創造して成長を図る時代に移りつつあるのではないか。

       ソフトバンクモバイルは、かつて「価格破壊の旗手」と呼ばれたイメージがあるわりには、今の通話料は最安ではない。だが、LTEのパケット料金の価格競争に距離を置く姿勢を見せて、次世代のモバイルのビジネスモデルを垣間見せてくれた。そう考えると、孫正義社長は今でこそブーイングを浴びているが、モバイルの先をすっかりお見通しの賢人のように見えてくるから不思議だ。(編集担当:寺尾淳)
      ホームページ制作

      ホームページ作成料金 関西電力>停電情報をHPに掲載 地域や復旧予定も

      0
         関西電力は16日、ホームページ上で停電に関する情報公開を始めると発表した。停電発生後、10分程度で停電発生地域や件数、復旧予定時刻などを掲載する。17日午前9時から。

         停電情報は地図や住所で検索でき、丁目単位まで細分化して表示する。従来は、台風などによる広域的な停電や社会的影響が大きい繁華街での停電などについて、情報がまとまり次第ホームページ上で情報提供。個人からの問い合わせには、営業所で電話対応してきた。同様の情報提供は東京電力が昨年から実施しており、中部電力も18日から始める。

         停電情報公開は、パソコン(http://teideninfo.kepco.co.jp)、携帯電話(http://teideninfo.kanden.jp/)。【横山三加子】
        ホームページ作成シワ ホームページ作成豊胸手術 ホームページ作成バストアップ ホームページ作成顔のたるみ ホームページ作成ニキビ ホームページ作成ファンデーション ホームページ作成美容整形 ホームページ作成鼻整形 ホームページ作成浮気相談 ホームページ作成黒酢ダイエット

        ホームページ作成おサイフケータイにも対応したXiスマホ随一の大画面・高解像度端末……Optimus LTE L-01D

        0

            今回、ドコモが発表したXi(クロッシィ)対応スマートフォンのうち、もっともディスプレイサイズが大きく解像度の高い端末がLG製の「Optimus LTE L-01D」だ

          1280×720ピクセルのHDディスプレイは、IPS(In Plane Switching)方式を採用し、329ppiの高密度ながら高輝度・広視野角が特徴だ。大画面と相まって、タッチパネルの押しやすさ・感度も良好。

           スペックは、1.5GHzのデュアルコア「APQ8060」。アプリや動画コンテンツをダウンロードできる専用アプリ「LG Smart World」や、独自の操作UI「ウェブブラウジングUI」を採用しており、ブラウザの使い勝手にも配慮されている。

           同じ韓国メーカーのサムスン「GALAXY S II LTE」とスペック面で似ているが、ディスプレイサイズは同じ4.5インチながらOptimus LTEはHD、GALAXY S II LTEはWVA、さらにGALAXY S II LTEには非搭載のおサイフケータイやワンセグなどもOptimus LTEには搭載されているなど、機能面で差を付けている。もちろんWiFI/テザリング機能にも対応している。

           カメラは背面8.1メガピクセル、前面は1.3メガピクセル。別売りだが専用の変換ケーブルを用いればHDMI出力も可能だ。

          ホームページ作成英会話 ホームページ作成生活雑貨 ホームページ作成占い ホームページ作成ヨガ教室 ホームページ作成リラクゼーション ホームページ作成ネイルサロン ホームページ作成焼き鳥 ホームページ作成カフェホ ホームページ作成スィーツ ホームページ作成和菓子 銀座美容室

          ホームページ作成料金 放射線量の測定結果マップ作成 栃木・那須塩原市

          0
             参考値、28カ所で1.0マイクロシーベルト超

             那須塩原市は20日、作成した放射線量マップとともに、測定した317カ所の放射線量を発表した。路上や歩道、駐車場のアスファルト上で毎時1・0マイクロシーベルトを超えた地点は1カ所だったが、参考値(測定箇所付近の草地や路肩など)では毎時2・23マイクロシーベルトを最高に28カ所で1・0マイクロシーベルトを上回った。

             放射線量マップ作成のための測定は8月11日〜9月9日、市内の山岳地帯を除く区域を1キロ四方に区切って実施。測定は路上を基本として、高さ50センチの空間線量を調査した。

             測定箇所の中で、毎時1・0マイクロシーベルトを超えたのは関谷工業団地入り口付近(1・0マイクロシーベルト)。0・75〜1・0マイクロシーベルト未満が18カ所あった。また、参考値では、上大貫地内で2・23マイクロシーベルトを観測したのを含め28カ所で1・0マイクロシーベルトを超えた。

             栗川仁市長は、測定結果を受けて「10月中旬に除染作業のための市独自の基準値を設定し、対応を協議したい」としている。

             測定箇所の放射線量濃度を色で示したマップと測定値は、市のホームページや広報紙(10月5日号)のほか、本庁の掲示板などで発表する。今後も毎月1回測定し、結果を発表する
            ホームページ作成和菓子 ホームページ作成ダイニングバー ホームページ作成パワーストン ホームページ作成アクセサリー ホームページ作成温泉 ホームページ作成ファッション ホームページ作成化粧品 ホームページ作成旅館 ホームページ作成ペンション ホームページ作成イタリア料理 吉祥寺美容室カラー

            ホームページ作成 “AKB48公式ライバル”乃木坂46、全メンバーの個別動画を公開

            0
               AKB48の公式ライバルとして結成が発表された新生アイドルユニット・乃木坂46が、オフィシャルホームページ(www.nogizaka46.com/)にスターティングメンバー全36人の個別動画を公開した。

              乃木坂46は、AKB48の総合プロデューサー・秋元康がソニーミュージックと手を組み“AKB48公式ライバル”をコンセプトにプロデュースするアイドルユニットで、先月全国応募総数歴代NO.1となる38,934人の応募者の中から36人のスターティングメンバーが決定したばかり。
              今回公開された動画では自己PRや意気込みに加え、最終オーディション直後の期待と不安の入り混じった、彼女たちの素直な心情を窺うことが出来る。

              なお乃木坂46は、10月からテレビ地上波にてレギュラー番組がスタート。ソニー・ミュージックレコーズからのCDデビューに向け本格的に活動を開始する 兵庫ホームページ作成 神戸ホームページ作成 岡山ホームページ作成 広島ホームページ作成 岐阜ホームページ作成 三重ホームページ作成 滋賀ホームページ作成 石川ホームページ作成

              ホームページ作成 Nokia開発者サイトからユーザー情報流出、SQLインジェクション攻撃受ける

              0
                 フィンランドのNokiaは8月29日までに、開発者サイト「developer.nokia.com」のコミュニティーディスカッションフォーラムがハッキングされ、登録ユーザーの電子メールアドレスが流出した恐れがあることを明らかにした。

                 同社が掲載した告知によると、掲示板ソフトウェアの脆弱性を突いたSQLインジェクション攻撃を仕掛けられ、ユーザーのメールアドレスを記録したデータベース情報にアクセスされていたことが判明した。

                 このデータベース情報にはメールアドレスに加え、プロフィールを公開している一部開発者の生年月日、ホームページのURL、AIM/ICQ/MSN/Skype/Yahooのユーザーネームも記録されていたという。一方、パスワードやクレジットカード番号といった情報は記録されておらず、「フォーラム会員のアカウントのセキュリティが危険にさらされているとは考えていない」とNokiaは記している。

                 悪用された脆弱性に対しては直ちに対策を講じたが、念のために開発者サイトは一時的に閉鎖し、詳しい調査とセキュリティ診断を実施しているとした。

                 流出した情報は今後迷惑メールに悪用される恐れもあるとして、Nokiaは影響を受けたユーザーに連絡を取って注意を促している。

                 セキュリティ企業の英Sophosによれば、攻撃を受けたNokiaの開発者サイトは、フォーラムを見ようとすると外部のWebサイトにリダイレクトされる状態になっていたという。この外部サイトには「世界一の携帯電話会社でありながらサーバセキュリティには10セントも費やしていない」などと同社を揶揄(やゆ)する文言が記載されていた。 盛岡ホームページ作成 青森ホームページ作成 北海道ホームページ作成 札幌ホームページ作成 栃木ホームページ作成 新潟ホームページ作成 名古屋ホームページ作成 愛知ホームページ作成 山梨ホームページ作成

                ホームページ作成料金 ご当地検定問われる真価 ブームは下火に

                0
                   「ご当地検定」のブームが下火となり、各地で受験者が減少している。和歌山県の紀南地方でもユニークな検定が誕生しているが、根付くには合格者の生かし方やPR方法が鍵を握ることになりそうだ。

                   熊野地方の自然や歴史、文化の知識を問う熊野検定は、7月31日に5回目を迎えた。今回の受験申し込みは初めての1級試験19人を含め54人。2010年2月の第1回は176人だった。

                   受験者は減少傾向だが、09年9月に発行したテキストブックは今でも月平均15冊売れ続け、初版3千部はほぼ完売。田辺商工会議所は「熊野の魅力を伝える機能を果たしている。今後は1級合格者に活躍の場を設けることも検討したい。また、地元を知ってもらうため、これまでゼロだった中高生の受験を増やしたい」と意欲を見せる。

                   串本町の歴史や観光名所を問う串本検定は開始から2年が経過した。JR串本駅構内にある串本町観光協会で受ける検定1級の合格者は3人(受験約30人)だけだが、ホームページ(HP)上で受けられる模擬問題は、ランキングが表示されるため、上位を目指して挑戦する人が多い。

                   同協会は「HPのアクセス数は大幅に増えている。興味を持って串本を訪れてくれる人もいるようだ。問題数を増やして、何回でも楽しめる検定にしたい。1級検定もホテル従業員など観光関係者に受験してもらえるよう働き掛けたい」と改善を図る。

                   07年度に始まった紀州みなべ検定は「検定問題の作成が困難」として、本年度は休止する。これまで3回の検定を実施。今年2月の第3回検定は町内外62人が受験し、10人が1級の認定を受けた。

                   みなべ町商工会は「検定のテキストブックには多くの問い合わせがあるなど、町の魅力を知ってもらう目的は一定達成した。再開時は検定1級合格者の活用法も考えたい」と話している。

                   08年末に全国239検定を対象に調査した地域活性化センター(東京都)によると、回答のあった166検定のうち、実施効果(複数回答)が最もあったのは「地域や地域資源のPR」(89・6%)だった。一方、「その他」も1割近くあり「不明」「未知数」「今後に期待している」などの意見があった。

                   実施・運営の課題(複数回答)は「合格者の活用法」(56・2%)が最も多く、続いて「検定のPR手法」(51・0%)、「問題作成が負担」(35・3%)。今後の取り組みについては6割が既存の検定を活用していく方向で、2割が見直しや中止を考えている。

                  ■第5回熊野検定 1級合格は1人

                   田辺商工会議所は17日、7月31日に実施した第5回熊野検定の上級レベルに当たる1級合格者を発表した。19人が受験し、合格したのは1人だった。

                   今回初めて1級を実施した。合格者は白浜町の男性(59)。語り部になろうと思い熊野をもっと知るために勉強し、受験したという。

                   商議所は「1級は上級レベルなので、合格率は1割以下を想定して難しく作った。受験者にとって答えが決まっていない論述が特に難しかったのではないか。今後も同じ難易度で実施する予定」と話している。

                   同日実施した2、3級の合格者の発表は8日にあり、2級は受験者20人のうち11人が合格(合格率55%)、3級は受験者13人のうち9人が合格(69・2%)した。

                  郡山ホームページ作成 伊勢崎ホームページ作成 本庄ホームページ作成 日光ホームページ作成 仙台ホームページ作成 横浜ホームページ作成

                  ホームページ作成 KARA、「K-POPカバーダンスフェスティバル」広報大使へ

                  0
                     韓国訪問の年委員会は、韓国人気ガールズグループ「KARA」を「韓国訪問の年記念2011K-POPカバーダンスフェスティバル」の広報大使として任命したと語った
                    訪問の年委員会は「『KARA』が来る10日、プレスセンターで委託杯を受け取り、来月11日に東京で開かれる日本地域本選へ審査委員として参加する」と伝えた。

                     「K-POPカバーダンスフェスティバル」は、全世界のK-POPカバーダンスブームが韓流ファンの韓国訪問につながるようにしよう、という主旨で開催するイベントだ。

                     来月まで「カバーダンスホームページ(www.coverdance.org)でUCC予選を行い、来月3日の米・ロサンゼルスを皮切りに、ロシア・モスクワ、ブラジル・サンパウロ、日本・東京、タイ・バンコク、ソウルなどの地域で地域別本選が行われる。

                     地域本選で選抜された各国の優秀な参加者は、訪問の年委員会と慶州市が10月3日、慶州で共同主催する「韓流ドリームフェスティバル」で最終決戦を行う。優勝者には同日、慶州で開かれる「韓流ドリームコンサート」のステージに上がる機会が与えられる。


                    仙台ホームページ作成 横浜ホームページ作成 高崎ホームページ作成 前橋ホームページ作成 宇都宮ホームページ作成 水戸ホームページ作成 長野ホームページ作成 群馬ホームページ作成

                    ホームページ作成料金 『ぴあ』最後の編集長 39年続いたのは「批判しなかったから」と振り返る

                    0
                        エンターテインメント情報誌『ぴあ』が7月21日発売の「最終号」で39年の歴史に幕を閉じる。これまでの発刊数は1341号に及び、時代と共に移り変わる若者文化の情報発信を担ってきた。

                       同誌がミニコミ誌として誕生したのは1972年7月。「いつ、どこで、なにが行われているか」という一次情報のみにポイントを絞った斬新な誌面が、当時の若者たちの支持を得、80年代には50万部を超えるまでに成長した。しかし、インターネットの普及により「情報だけ」を届けることの優位性が薄れ、部数は徐々に減少。同誌のホームページでも情報提供を行っていることから、「もはや紙の役割は終わった」として休刊に踏み切った。

                      「『ぴあ』は都会の読者だけでなく、地方から東京に出てきた方に対しても重要な役割を果たしてきた。右も左もわからないなか、『ぴあ』によって東京の姿を知ることができた。なくなるのは寂しい、という声を多くいただいている」と同誌編集長の谷岡正浩さん。「今後はウェブに軸足を移すことになるが、一次情報をいち早く読者に伝えるという基本スタイルは変えずに続けていく」とも。

                       また、同誌が39年にわたり続けてこられた理由については、「批判をしなかったことにある」と谷岡編集長は振り返る。「作品の評価はあくまで見た人のものであり、誌面ではどんな情報も価値判断せずに読者に提供するという独自のスタンスを貫いてきたことが、『ぴあ』を『ぴあ』たらしめてきた理由だった」

                       谷岡編集長は自ら編集部のメンバーとともに都内各所の書店に立ち、同誌の最後を見送る。「ぴあ最終号が発売中です!」という呼びかけを聞いた通行人からは、「本当に終わるんだ」「寂しい」という声が挙がっていた。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM